ドコモインターネット光『最大に得する申込方法』

ドコモ光のプロバイダーで一番最強のプロバイダを選び抜く

これからドコモ光の導入を検討している人はプロバイダに悩むかと思います。キャッシュバックが高くて、口コミがよくて、回線が安定しているプロバイダを選びましょう。

当サイトでは、光回線のサイトやモバイルWi-Fiのサイトを長年にわたって運営してきた私が、あらゆる切り口からドコモ光のプロバイダーを比較検証しています。

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックが受け取れなかったりする悪質なプロバイダーなどから身を守るためにも、いろいろな知識を身につけておきましょう!

ドコモ光で一番特典が多くて安いプロバイダ

ドコモ光の数あるプロバイダの中であらゆる面で優れているのは圧倒的に「GMOとくとくBB」でしょう。

なぜかというと、ドコモ光のすべてのプロバイダの中で回線のスピードや安定性の口コミが高評価で、オプション不要で2万円もキャッシュバックがもらえたり、ユーザーにとってとにかくお得なメリットが多いです。

なお、ドコモ光に申し込むときは代理店から契約するのはやめておきましょう。

なぜ代理店がおすすめできないのかというと、キャッシュバックまでの時間が半年とか1年とかそういうレベルだからです。

詳しいことは当サイトで解説しています。

ドコモ光を検討中で、GMOとくとくBBから申し込みたいという人は、下記のページから申し込めば簡単にキャッシュバック手続きを済ますことができます。

プロバイダを比較することによって得られるメリットとは?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックの金額やオプションの要不要、Wi-Fi端末が無料かどうか、回線速度の安定性。

何を根拠に選んでいけばいいのか一つずつ見ていきましょう。

選び方1 月額料金が安いタイプかどうか

まずそもそも、ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変動します。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実を言うと、このタイプというのは回線が速いとか遅いとかそういう問題ではなくて、ドコモとどういう契約体系をしているかによるのです。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

毎月数百円の違いだったとしても、年単位で考えると数千円以上の差額になります。なので、プロバイダはタイプAから選んだ方がいいでしょう。

タイプAとタイプB以外のタイプもありますが、さらに高いタイプになるのでそういったプロバイダはおすすめできません。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

選び方の2つめとしては、回線の品質がいいか悪いかをチェックするという方法があります。

そもそもドコモ光の回線速度はどれくらいでるのでしょうか?最高速で1Gbpsとなっていますが、これは理論値に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記のようにドコモ光はプロバイダ各社によって50Mbpsくらい違ってきます。

これはv6プラスという最新の規格に対応しているプロバイダと、対応していないプロバイダの違いによるものです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 機器が無料かどうか

また次のプロバイダの選び方のコツとしては、無料でWi-Fiルーターが使えるかどうかをチェックしましょう。

現在はほとんどの人がスマホでフリースポットのWi-Fiなどを使っていると思います。

Wi-Fiを飛ばしているルーターを自分で要しなければいけないところと、プロバイダ側から無償で貸し出してくれるところがあるんです。

Wi-Fi端末を無料で貸し出してくれるプロバイダには次のようなものがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

一例として、ドコモネットは端末レンタルで毎月の月額料金に300円が加算されます。

もっといってしまうと、端末選びを間違えると回線の安定性が悪くて、接続できなかったりというトラブルに見舞われることもあります。

機械選びは苦手という人は、Wi-Fi端末の無料レンタルができるプロバイダを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックの金額

プロバイダ選びの4つめのポイントとしてはキャッシュバックがいくらもらえるかです。

プロバイダ各社のキャッシュバックを比較してみたのでご覧ください。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

上記にはのっていないプロバイダでドコモ光を契約したとしてもキャッシュバックをもらうことはできません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

なお、どこのプロバイダから契約したとしても、工事費無料キャンペーンは適用してもらえるので、そういった点では安心ですね。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

上記のプロバイダの選び方4つを踏まえた上でのプロバイダ比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべての条件を満たしているのが「GMOとくとくBB」になります。安いタイプの料金で、回線速度も速くて安定していて、キャッシュバックも高額です!

最近のコロナでテレワークやオンライン会議など、安定的な高速インターネット環境というのはとても重要な要素になってきています。

インターネットをせっかく使うのであれば、回線速度が安定しなかったり、遅かったりというのは少なくしたいものですね。

一番特典が豪華で一番サービスが充実しているのがGMOとくとくBBです!

ドコモ光でとにかくおすすめなのがGMOとくとくBBですね。回線速度も申し分なくてキャッシュバックも高くて、その他のキャンペーンも充実しています。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込みをするのが一番キャンペーンを適用してもらえます。次のリンクから申し込めばいろいろな特典をもらうことができます!

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBはサイト上で、実際の利用者の速度を毎月公開しています。全国平均で下りが約345Mbps、上りが約300mpbsとなっています。

GMOとくとくBB以外の競合他社のプロバイダを見てみると、実際の生データなんて公開していないので、どれだけ自信を持っているかがわかりますね。

他にもいろいろなサイトの口コミ情報を見てみると、700Mbpsを超えている人もたくさん見受けられました。

なぜこんなにも回線速度が速いのかをGMOに聞いてみたところ、設備投資をかなり投資資金を上げているとのことです。

GMOとくとくBBの回線速度はネットだけに限ったことではありません。PS4やスイッチなども快適に使いこなせているという口コミも多数見受けられます。

このコロナの状況では家にいる時間が圧倒的に増えてきているので、さくさくと快適なインターネット環境というものはとても大切ですね。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

また、このルーター端末は初期設定が完全に終わった状態で発送されてくるので、USBやACアダプタなどをつないだらすぐに使うことができます。

機材に詳しくない人やパソコンの設定が面倒だというひとは、この設定済みはとてもいいですよね。

ドコモ光の工事日程が決定すると、申し込んだ時の携帯番号に、ルーターレンタルのSMSが届きます。

ドコモ光の回線工事までに間に合うように、ルーターのレンタルの案内を早めにしておきましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

ドコモ光をGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込みをすると、オプションがなくて2万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

また他にも、dポイントや家電量販店のキャッシュバックは利便性が悪いのでおすすめできません。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額の高さだけではなくて、振り込みまでも早いですし、商品券などではなくて現金なので、何もかも優れています。

GMOとくとくBBのデメリットとは?

デメリット1 回線速度が遅くなるときもある

回線が高速だといわれているGMOとくとくBBですが、どうしても遅くなってしまうタイミングも存在します。

固定回線だけではなくて、モバイルルーターなども、自宅の周辺環境などに大きく影響を受けるので、ある程度の理論値はわかっても、本当の実測値というのは使ってみるまでわからないものです。もちろん不具合ないスピードは保証されています。

とはいっても、せっかく光回線を導入したわけですから、なるべく遅かったり不安定なのは避けたいですよね。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

光回線の速度が不安定になってしまったりしたら、v6での接続かどうかを確認できるサイトにアクセスしましょう!

v6プラスというのは、GMOとくとくBBから無償でレンタルしているWi-Fi端末を持っていればつなぐだけで使うことができます。

v6プラス接続で使っているユーザーの口コミなどを参考にしてみると、実際に変えてみたらかなり早くなったという口コミが多数寄せられています。

v6プラスになっているのに回線速度が遅かったりした場合は、LANケーブルを新品にしてみたりしましょう。

デメリット2 キャッシュバック手続きのメールに注意

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

ですが、このキャッシュバックの案内メールが届くのは、いつも自分が使っているメールではなく、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになります。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

なので、GMOとくとくBBのキャッシュバック申請通知メールが4ヶ月後に来るということをスマホのスケジュールなどにいれておいて忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請手続の期限は翌月までとなっているので、メールが届いたら早めに申請を完了させてください。

ドコモ光のプロバイダを変更するには?

ここからは、ドコモ光のプロバイダだけを変更したり変更するステップを解説していきたいと思います。

もし自分の自宅にドコモ光のプロバイダが合っていないと判断したら次の手順で変更ができます。

1,電話でカスタマーセンターに変更を申し込む

2,プロバイダを変更する書類が届く

プロバイダ変更の申し込みから切り替えまでは1,2週間くらいかかりますが、自分で日程を調整することもできます。

ちなみに、ドコモお客様サポートセンターは、ドコモのスマホを持っているのであれば151でつながります。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

ドコモ光のプロバイダを変更すると手数料が約3000円くらいかかってしまいます。この手数料は翌月に月額費用とともに請求されます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

そもそも、ドコモ光は契約するプロバイダによってキャンペーンや回線速度や安定性などが違ってきます。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

当サイトでは光回線のプロバイダを知り尽くした管理人の私が、あらゆる視点から徹底比較した最強のプロバイダを厳選しています!

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

ドコモ光で最高のプロバイダを選ぶ方法

自分が一番満足できるようなプロバイダを厳選するために見極めるコツを解説していきたいと思います。

ですが、このコツなどを解説する前に、まずはプロバイダの基礎知識について身につけておきましょう。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

ほとんどの光回線はプロバイダとセットになっていることが多いのですが、別に契約することも可能なんです。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光を契約するときに選べるプロバイダにはたくさんあって、代表的なものにGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIなどがあります。

プロバイダ各社によって割引額などが大幅に違うので、選ぶ時は厳選して、本当に得するようなところを選びましょう。

ポイント1 現金キャッシュバック

公式サイトやドコモのショップではなく、プロバイダのキャンペーンページから申し込みをすることによって、プロバイダ独自の特典を適用してもらうことができます。

ちなみに、独自のキャンペーンを最も最高額受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要で、一番高額のキャッシュをバックしているところを選びましょう。

たとえばですが、GMOとくとくBBのキャンペーンだったら2万円もの高額のキャッシュバックをしていて、ドコモ光の数あるプロバイダの中では一番高い金額となっています。

ポイント2 月額が安くなるかどうか

ドコモ光で選択できるプロバイダは自分で選べますが、毎月の支払金額はタイプが3つになっていて、一番おすすめなのがタイプAとなっています。

たくさんあるプロバイダの中には料金が安いAタイプと、料金が高いBタイプがありますが、回線のクオリティーは変わらないのでご安心ください。

なお、AタイプとBタイプ以外にも、単独タイプと呼ばれているプロバイダがないプランだと、基本料金が安くなる代わりにプロバイダを別で契約する必要があります。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

ドコモ光のプロバイダの中には、ネット環境を楽しむためにも必須なWi-Fiルーター端末を無償で供与しているところもあります。

ルーターを光回線とセットすることにより、家の中ならどこの部屋からでもWi-Fiルーターを通して光回線に接続することができるようになるので、とてもメリットが豊富にあります。

ドコモ光のプロバイダの中には、高機能なルーターを無料で貸し出しているところもあるので、端末をすでに持っているという人も、このタイミングで新しくしてみるのもいいのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティのサービス

プロバイダによってはセキュリティ対策ができるソフトを無料でレンタルしているところもあります。

無償のオプションとしてセキュリティソフトが使えるのは、2年くらいなので、パソコンを安全に使うためにもこういった対策をきちんとしておきましょう。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光は最大の速度が1Gbpsといわれていますが、プロバイダ如何によって半分以下になってしまうこともあります。

そもそもインターネットというのはエリアごとに基地局が設置されていますが、そのエリアごとにプロバイダの設備が設置されています。

なお、エリアごとに設置された利用者が多いほど混雑して回線が不安定になったりします。

この混雑の対処法としては、v6プラスという接続方式を採用しているプロバイダを契約して、v6プラス接続ができる端末を選ぶことが大切になってきます。

v6プラスという接続方式なら、アクセスが集中する箇所が解消されるので、混雑して回線が不安定になったり速度が極端に遅くなったりということを避けられます。

以上、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツを解説してきましたが、これらすべてを満たしているのが「GMOとくとくBB」なので、当サイト一番おすすめです!

最強に得するプロバイダはこれしかない

実際のところドコモ光が一番お得になるプロバイダがどこなのかを検証してみました。

v6プラスというのはプロバイダの接続方法のことで、最新の仕組みとなっています。

自分が使っているエリアでプロバイダが混雑していると回線が不安定になりがちですが、そういったことがない接続方式となっております。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧表にあるように、GMOとくとくBBなどは2万円もの最高額の現金バックをしていて、他の面から見ても文句なしのスペックを誇っています。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

GMOとくとくBBで無料でもらえるWi-Fiルーターの端末がどれくらい最高速度が出るのかを表したものが下記の一覧表となっています。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

以上のように比較してみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーター端末が他のプロバイダでもらえるものを圧倒的に引き離しています。

それぞれのルーターで2つの帯域を使えますが、それぞれの帯域で最高速度が違って、最高速度の違いで店頭価格が違ってきます。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最先端の超高速端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりもすばらしいプロバイダだといえますね。

キャッシュバック総額やキャンペーンやオプションなども優れていますが、端末などのユーザビリティーでも優れている「GMOとくとくBB」はとにかくおすすめのプロバイダです!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、光回線を導入する場合はとにかく最強クラスにおすすめです。

GMOとくとくBBはオプション条件なしで2万円ものキャッシュバックがもらえて、この金額はドコモ光のプロバイダの中では最高峰となっています。さらに次のようなボーナスももらえます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

これらのような特典が無料でたくさんもらえるので、これから光回線を安心して快適に使えると思います。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

ドコモ光の契約期間が2年間だとして、最初にもらえるキャッシュバックの金額を総額から引いてみると実質月額料金がかなり安くなる計算になります。

一軒家の場合だったらドコモ光を公式サイトから契約したら月額4300円、GMOとくとくBBだったら3800円くらいとなります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、圧倒的に高速通信ができるv6プラスに対応している接続方式で、ハイスペックなルーター端末を貸し出してくれるのでおすすめです。

GMOとくとくBBの場合は、光回線の速度が安定していて速いという口コミがかなり多く寄せられていて、なんと100Mbpsを下回ったらポイントがもらえるという特典もあります。

プロバイダを変えたいときの変更方法と注意点

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、ドコモ光のプロバイダ変更の際の注意点やステップなどについて順を追って解説していきたいと思います。

プロバイダ変更料金とは

ドコモ光でプロバイダを変更する時は、基本的に以下のような料金が発生するようになっています。

ドコモ自体の事務手数料が約3000円とプロバイダ自体の解約金や違約金など。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

なお、プロバイダの基本的な解約手続きなどはドコモ光が代理でやってくれるので楽ですね。

しかし、オプションの解約などについては、ご自身でプロバイダに連絡をして解約をする必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本的なサービスであれば、以下のような方法で、ドコモ光に連絡するだけでプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法というのは、カスタマーセンターへ連絡するだけです。

とはいっても、プロバイダを契約するときに追加のオプションなどを契約しているときは、自分でプロバイダに連絡しなければなりません。

プロバイダへの連絡が追加で必要かどうかはドコモ光に確認してみましょう。

プロバイダ変更によるメリットについて

プロバイダの変更は事務手数料が3300円と少額のコストでまかなえるため、現在使っているプロバイダに不満な点があれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

プロバイダの乗り換えを検討している人のほとんどが、回線が遅いとか安定しないとかそういう理由があると思います。

こういった回線スピードの不満点をもっている人は、GMOとくとくBBなどの最新のプロバイダがおすすめです。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

プロバイダの独自のキャンペーン以外にも、ドコモ光が公式サイトでやっているキャンペーンを同時並列的に受け取ることができます。

ドコモ光公式サイトがやっているキャンペーンというのは、セット割りと工事費無料キャンペーンになります。一つずつ解説していきたいと思います。

ドコモユーザーの割引

ドコモ光セット割りというのは、ドコモの携帯電話を契約している利用者が、ドコモ光を導入した場合に、月額料金から回線の数x1100円の割引をしているという太っ腹なキャンペーンとなっています。

たとえばですが、家族3人が全員ドコモの携帯を持っていたら以下のような割引になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族みんながドコモのスマホを使っているとしたら、ドコモ光のセット割りはかなりお得になります。

回線工事が無料になる

ドコモ光セット割りにくわえて、工事費無料キャンペーンというものもあります。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

なので、ドコモ光を新規契約して7ヶ月以内に使い始めることにより工事費が無料になってしまうのです。

ですが、NTTの回線を現在使用している人は、キャンペーンがなかったとしても工事費無料になります。

ドコモ光の質問など

ここまではドコモ光の回線についての仕組みや、お得なプロバイダなどについて解説してきましたが、最後によくある質問をまとめてみたので、是非ご覧ください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステなどのゲームを快適にやりたいときは、ドコモ光の回線速度をマックスで活用できる、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶことが肝要です。

とくに通信速度の評判が最高クラスで、割引キャンペーンなども豊富で、高機能なWi-Fiルーター端末を提供している「GMOとくとくBB」が当サイトで一番おすすめのプロバイダとなっております!

v6プラスならアクセスが集中する夕方から夜の時間帯でも混雑しにくく、快適な光ファイバー生活を楽しむことができるでしょう。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを引っ越す場合には、プロバイダに特別に連絡を入れる必要性はなくて、ドコモ自体のお客様サポートセンターから手続きを完了させることができます。

また他にも、ドコモ光から移転の手続きをすると、ポイントがもらえるので、こういったサービスも積極的に活用していきたいところですね。

引っ越し先においては回線工事が必要な場合もありますので、手続きは1ヶ月くらい前からしておきましょう。工事費は別途必要になります。

ドコモ光のサービスに地デジやBSなどは含まれますか?

ドコモ光のテレビオプションというオプションをつけると、テレビのアンテナを設置せずにBS放送や地デジを見ることができます。4Kにももちろん対応しています。

ドコモ光の月額料金にくわえて、毎月825円がかかるほか、オプションでスカパーや有料チャンネルを見ることもできます。

一般的な光電話をドコモ光に移し替えるには

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

ちなみに、ドコモ光とドコモ光電話を同時契約した場合は工事費用はかかりません。

契約したあとにプロバイダのみを変更することはできますか?

もちろん、ドコモ光を契約したあともプロバイダの変更はできるようになっています。プロバイダの変更はカスタマーセンターから行いましょう。

変更はできますが、プロバイダの変更手数料として3300円かかりますし、プロバイダを変えることによってドコモ光の基本料金自体もかわってきます。

光回線の終端装置がある場合

派遣員なしで工事をするというのは、ドコモ光に申し込むときに、以下のような理由で新規に光回線を引き込む必要がなくて、ドコモ光のネットを利用できるケースです。

フレッツ光やソフトバンク光やauひかりなどからドコモ光へ乗り換えるときに、光回線がすでに導入されていて、光コンセントが使える場合。

こういった場合には、すでに自宅に導入されている光ファイバーにドコモ光を接続することができるんです。

ですが、派遣なしの工事のパターンでも、手数料として約2000円が必要になります。